趣味はオーディオ。それが何か・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 単相200V電源工事について

<<   作成日時 : 2013/02/17 17:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

単相200V電源工事についてのご質問をいただきました。

そこで、工事に際して私が具体的に行なったことを基にして、僭越ながらアドバイス申し上げたいと思います。

1.配電盤から部屋まで電線を引き回す距離

電線は外壁を伝わせることになると思います。その距離を予め概算しておくとよいと思います。工事の際には外壁及び室内の壁に穴を開けることになりますので、覚悟なさって下さい。200V用壁コンセント・プレートはお持ちでしょうか?もしなければ予めPro Cableより入手しておくことをお勧めします。

2.工事業者

普通の電気屋さんではダメです。「電気工事」の看板を掲げている業者に依頼して下さい。私は隣町の極普通の小さな電気工事業者に依頼しました。特別な業者でなくともすぐに出張してくれる近所の業者でよいと思います。インターネットなどでお住まいの地域の「電気工事」業者を検索してみて下さい。何件かヒットするはずです。2〜3件候補を絞って、それぞれに「単相200V電源を引きたい(配電盤から部屋まで電線を引き回す距離は〜mくらい)」と話をして相見積りして下さい。余程のこと(電線を引き回す距離がかなり長いなど)がなく、良心的な業者であれば工事費15,000円前後、専用ブレーカー3,000円(それらプラス消費税)で請け負ってくれるはずです。それ以上の金額を要求する業者はボツにして下さい。業者によっては工事費がもう少し安く上がることもあるそうです。候補中で最も安価な業者に依頼することになります。尚200Vの導入によって電力会社から別途基本料金などが請求されることはありません。今まで通り使用量分だけが請求されますのでご安心下さい。

3.業者決定

工事の日取りなどを決めたら、次のことを依頼して下さい。
・配電盤にアースが引かれていればそのまま3芯で引くことが可能。もし引かれていなければ必ず専用のアースを引いてもらうこと。これ最重要項目です。
・200V用壁コンセント・プレートはこちらで用意してあるのでそれを使ってくれと伝えて下さい。

4.工事当日

配電盤の場所と200V用壁コンセントを付ける部屋を見てもらって下さい。後は業者が抜かりなく工事してくれます。200V用壁コンセントを付ける場所を業者に伝えて下さい。外壁に穴を開ける必要があるので窓側になると思いますが。取り付け位置はできるだけ低い所(床に近い)がよいと思います。

3〜4時間で工事は終了すると思います。

簡単ですが以上です。ご参考になれば幸いです。
HP Directplus オンラインストア

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HMVジャパン
単相200V電源工事について 趣味はオーディオ。それが何か・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる